30
5月

『虹を見たかい』(古っ) 本題は、応急処置RICEです。

こんにちはさいたま市大宮・さいたま新都心にございます「おおしま整骨院」大嶋でございます。

5月も終わりに近づき、うちの子供もそうですが、各種大会も行われる時期が近づいています。

大会前に怪我をしてしまっては悔しいですし、かと言ってプレーの強度も上がっていることでしょう。

何かしら痛みを抱えているのであれば、最低限痛みのある所にアイシングをしましょう。

捻挫や打撲をしてしまった時は、RICE処置をして早い回復に努めてください。

R:rest  休息・安静

I:ice  冷却

C:compression 圧迫

E:elevation 挙上

「しっかり安静にして、患部を冷やして、包帯などで圧迫固定をして、患部を心臓より高い位置で保つように」のRICEです。

医療従事者としては、けがをしてしまった時は安静にしていなさいが大前提だと思います。

けれども大事な試合など、どうしても出たいという気持ちも2児の父として理解できます。

ただ、今後の選手活動さらに生活にも支障が出てきてしまう可能性もあるのです。

自身だけの判断だけでなく、信頼できる専門家の相談の上、最終的な判断を強くお勧めいたします。

さいたま市大宮・さいたま新都心で腰痛・交通事故治療なら

おおしま整骨院

〒330-0843

さいたま市大宮区吉敷町1-81-1 HIビル3F-B

048-871-6505

TOP