THE BLOG

30
5月

『虹を見たかい』(古っ) 本題は、応急処置RICEです。

こんにちはさいたま市大宮・さいたま新都心にございます「おおしま整骨院」大嶋でございます。

5月も終わりに近づき、うちの子供もそうですが、各種大会も行われる時期が近づいています。

大会前に怪我をしてしまっては悔しいですし、かと言ってプレーの強度も上がっていることでしょう。

何かしら痛みを抱えているのであれば、最低限痛みのある所にアイシングをしましょう。

捻挫や打撲をしてしまった時は、RICE処置をして早い回復に努めてください。

R:rest  休息・安静

I:ice  冷却

C:compression 圧迫

E:elevation 挙上

「しっかり安静にして、患部を冷やして、包帯などで圧迫固定をして、患部を心臓より高い位置で保つように」のRICEです。

医療従事者としては、けがをしてしまった時は安静にしていなさいが大前提だと思います。

けれども大事な試合など、どうしても出たいという気持ちも2児の父として理解できます。

ただ、今後の選手活動さらに生活にも支障が出てきてしまう可能性もあるのです。

自身だけの判断だけでなく、信頼できる専門家の相談の上、最終的な判断を強くお勧めいたします。

さいたま市大宮・さいたま新都心で腰痛・交通事故治療なら

おおしま整骨院

〒330-0843

さいたま市大宮区吉敷町1-81-1 HIビル3F-B

048-871-6505

17
5月

納得できる交通事故治療・示談交渉

さいたま市大宮・さいたま新都心にございます「おおしま整骨院」大嶋でございます。

GWが過ぎ、交通事故に遭ってしまったというお話を何件か頂きました。

まずは、ケガの早期回復に努めてくださいね。

ただ、交通事故の衝撃はご自身で思っているより大きいので、最初は痛みが出ていなくても、後に痛みが出てくること、思いもよらない所に痛みを感じることもございます。

中途半端に治ったと思い込んで、治療をやめてしまい、後になって、それは何か月後、何年後かも知れません。

事故の時、痛めてしまった所にまた痛みが出てきてしまう事も良くあることなのです。それも繰り返し出てきてしまう事もあるのです。

その時は、ご自身の責任で、自己負担で回復に努めなくてはならないのです。

だからこそ、交通事故に遭ってしまった時に、しっかり回復したとご自身も自覚し、あわせて第3者も判断できるまで、しっかり治療をして頂きたいと思っています。

Continue Reading..

05
5月

「あなたは大丈夫!? あなたの知らない癖。」

こんにちは。さいたま市大宮・さいたま新都心にございます「おおしま整骨院」大嶋です。

GWも残りあと2日ですね。ちゃんと社会復帰できますよう身体も気持ちも整えてあげてくださいね(笑)

私は、上の息子のバスケットボール部の試合を観戦しつつ、仕事をこなしつつ、下の息子たちと体幹トレーニング・ラダートレーニング等をしつつという感じで過ごしました。

連日練習や試合で、身体の負荷も相当なものになり、筋肉もだいぶ悲鳴をあげる場面もありますが、筋肉疲労はしっかりとした休息で回復します。

ただ、身体のバランスや普段の姿勢から疲労しやすい部分・痛めやすい部分は、自分で自覚して直すケアをしなければ、同じ場所を捻挫しやすかったり、痛めやすくなってしまいます。

上の息子も左の股関節が硬いために、痛みを発するのは左半身が圧倒的に多いです。

GWで普段できない作業をする方も多いでしょう。知らず知らずのうちに負担をかけやすい姿勢と取っている可能性もあります。

そういったことが後々、ぎっくり腰や膝の痛みに繋がってしまう事もございます。

そういったことに気づかせてあげるのも私たちの役割ですね。何でもお気軽にご相談ください。

 

痛みを出さないことは、痛みの出にくい身体を作ることが大事ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さいたま市大宮・さいたま新都心で腰痛・交通事故治療なら

おおしま整骨院

〒330-0843

さいたま市大宮区吉敷町1-81-1 HIビル3F-B

048-871-6505

TOP