07
7月

“新しい生活習慣”の不調も東洋医学で

“新しい生活習慣”の不調も東洋医学で

こんにちは!「おおしま整骨院」の大嶋です。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、スポーツイベントやお祭りなどが中止になったり、

学校の夏休みが短縮されたり、例年とは違って楽しみが少ない夏になってしまいました。
半面、これまで身近になかったテレビ会議が個人の間で浸透し、

遠く離れた親戚、友人と顔を見ながら交流ができるなど、新しい技術も出てきました。
新しい生活習慣が浸透すると、新しい体の不調も出てきます。

よくわからない不調にこそ東洋医学の出番。

私たちは感染症対策をしっかり行って、皆さんの来院をお待ちしています。

 

今回の「おおしま整骨院」の健康ニュースでは、

免疫力アップの方法をピックアップしてお届けいたします。

免疫力をアップする方法

新型コロナウイルス感染症のような特効薬がない場合、免疫力の強弱が大切になってきます。
「免疫」は人が生きる上で欠かせないシステムですが、

簡単にいえば「自分以外のものや異常なものから体を守る仕組み」です。

守るといっても、通報、攻撃、掃除、抗体作成など様々な免疫細胞が複雑に働いているのです。

〇発酵食品で腸内細菌を善玉に
500種類とも1000種類ともいわれる100兆個ほどの腸内細菌を善玉優位にすることで、

免疫力が高まることが解っています。

また消化を助けてくれるなど、共生関係にあります。

〇運動・入浴で代謝を高く
免疫細胞は常に入れ替わりをくり返しています。

新しい免疫細胞を生み出したり、細胞同士が連携しやすくしたりするためには、

血の巡りを良くすることが大切です。

〇適度な緊張と緩和で自律神経にメリハリ
緊張すると交感神経が、リラックス時には副交感神経が優位になります。

どちらかが優位な状態が長く続くと免疫力が落ちてきます。

がんばりすぎず、休みすぎず、ストレスを発散することで自律神経にメリハリができます。

 

===================

さいたま市大宮・さいたま新都心で整体・肩こり腰痛・交通事故治療なら

おおしま整骨院 大宮区役所前店

〒330-0844

さいたま市大宮区下町2-82 プルミエール大宮1F

048-871-6505
https://ooshima-seikotsuin.com/
===================

TOP