07
10月

衰えやすい筋肉を鍛える

こんにちは「おおしま整骨院」大嶋です。

緊急事態宣言も解除され、あと一息でいつもの日常生活も戻ってこようとしています。

しっかりとした日常生活を送るためにも体のケアを常に心がけてくださいね。

衰えやすい筋肉を鍛える

 筋肉の一部が衰えると、他の筋肉が補おうとしてどこかに無理がかかります。

これがさまざまな不調の原因となります。衰えてしまった筋肉を動かし、鍛えることで改善につながっていきます。

1.腸腰筋

腰の前から股関節の付け根の最も深いところにある筋肉。

[鍛え方]
①あぐらの状態で太ももとすねで正方形を作り、腰を立てる。
②おへそを前に出す。このとき勢いをつけたり、体を前に倒さないように。
③呼吸を止めずに最大限の力を10秒間出し続ける。

2.内転筋群

太ももの内側にある筋肉。
[鍛え方]
①仰向けで片方の足のつま先を内側に入れる。
②ひじをつけて、お尻を床から浮かし続ける。
③左右で10秒ずつ行う。
※痛みが強く出ない程度で無理しない。

3.菱形筋(りょうけいきん)

肩甲骨の内側にある筋肉。
[鍛え方]
・横向きに寝て、上側の腕の手のひらを外に向け、ひじを内側に入れ続ける。

大切なのに衰えやすい筋肉はまだまだあります。興味がある方は院長まで。

 

===================

さいたま市大宮・さいたま新都心で整体・肩こり腰痛・交通事故治療なら

おおしま整骨院 大宮区役所前店

〒330-0844

さいたま市大宮区下町2-82 プルミエール大宮1F

048-871-6505
https://ooshima-seikotsuin.com/
===================

(Visited 2 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

【おおしま整骨院 院長】 大嶋栄徳

さいたま市大宮・さいたま新都心にございます『おおしま整骨院』院長の大嶋です。 第2の地元さいたま市に密着して、身体の不調やコンディショ二ングの改善に取り組んでいます。 院の特徴は、まず身体をしっかり『ほぐす』。マッサージ・ストレッチ・モビリゼーション等を駆使して、筋肉をほぐします。
TOP