19
6月

初夏の薬膳と不調解消

こんにちは。
おおしま整骨院 大嶋です。

気づけば今年も既に6月。
今年は、コロナウイルスの影響や移転もあって、
例年とは異なる慌ただしさを感じていましたが、
いつの間にか1年の折り返し地点をむかえていました。

例年この時期には、クーラーをつけ始めるので、
急な冷えや不調に悩む患者様が増える時期でもあります。
今回は、初夏の養生に役立つ情報をご紹介いたします。

夏バテをしないためには、実はこの時期の体調管理が重要であることはご存じでしょうか?
東洋医学において、夏を元気に過ごすためのポイントは2つあると言われています。

まずは、

身体に余分な熱を溜めたままにしないことです。

溜まりすぎた熱は、動悸や循環器系の不調、不眠、お肌の不調を引き起こしやすくなる原因です。
また、水分のとり過ぎは、むくみの原因にもなってしまうため、

暑い時期でも必要以上の水分を摂り過ぎないこともポイントです。

但し、熱中症対策や体温維持に適宜に必要な量の水分補給は必要です。

さて、夏バテを感じやすい方には、2つのタイプがあります。

1つは、だるさや食欲不振を感じやすく、夏風邪にかかりやすい。

夏でも冷え性の方もこちらのタイプです。
こちらは「気虚(けきょ)」と呼ばれる体質で、

暑いからといって冷たいものを食べ過ぎないことに注意が必要です。
鶏肉、枝豆、山芋など身体を温める食べ物も取り入れるとよいでしょう。
特に鶏胸肉には、アンセリンやカルノシンという成分が豊富なので、疲労回復の効果も期待できます。

もう1つは、ほてりやむくみを感じやすく、

脱水気味や睡眠の不調、ストレスを感じやすいタイプです。

こちらは「陰虚(いんきょ)」と呼ばれる体質で、

こもった熱を冷ますトマトやきゅうりなどの食材を食事に取り入れると良いでしょう。

また、食事とあわせて、家事や仕事の合間につま先立ちをしたり、

入浴後に軽いストレッチをすることで、
血行がよくなり不調も和らぎます。

特に、筋肉の多い下半身を動かすことが効果的です。

『おおしま式O脚矯正』は、奇麗な歩き方・姿勢を身に付ける以外にも、
下半身の血流改善にも繋がるので、この時期冷や不調を感じる方にもおすすめです。

その他、ご自宅やお仕事場でも簡単にできるストレッチもご紹介できるので、

初夏の不調を感じる方は、施術前後でお気軽に相談下さい。

 

過去の関連ブログ

おおしま式!O脚改善プログラム

===================

さいたま市大宮・さいたま新都心で整体・肩こり腰痛・交通事故治療なら

おおしま整骨院 大宮区役所前店

〒330-0844

さいたま市大宮区下町2-82 プルミエール大宮1F

048-871-6505
https://ooshima-seikotsuin.com/
===================

TOP